看護短期大学と4年制看護系大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護短期大学

一般的な短期大学は2年間ですが、看護短期大学は3年間学ぶことになります。しかし、准看護師免許を取得した高卒者の場合は2年間看護短大に在学し、卒業すれば看護師国家試験の受験資格が得られるようになっています。また、希望する者は看護系大学への編入学も可能となります。

一般的な流れは高校卒業後に3年間看護短期大学に通いその後、看護師国家試験を受験、合格したら看護師になるということになります。看護短期大学のメリットとしては看護の勉強以外にも他の学科も勉強することができるということです。これは知識の幅も広がり、社会人になる上でメリットとなることでしょう。また、統合カリキュラムが併設されている短大の場合、卒業と同時に看護師国家試験だけでなく、「保健師・助産師」の国家試験の受験資格が得られることになっています。

4年制看護系大学

看護師になるために近年増加しているのが、看護系大学(看護の学部、学科)に進学し、所定の単位を取得し卒業して看護師国家試験の受験資格を得るという方法です。一般的には高校卒業後に4年制看護系大学に進学し必要な課目を学び、看護師国家試験を受験、合格した後に看護師になるというものです。

看護大学に行くメリットとしては看護以外の科目も学べて幅広い知識をつけることができる、また保健師、助産師を専攻履修し卒業すれば、看護師だけでなく、保健師、助産師国家試験の受験資格が得られる、さらには養護教諭の免許が得られるところもあるということです。また、就職先によっては4年制大学の卒業者でなければ管理職には就けないところもあるようです。
関連資料
TweetsWind
Twitterボタン