訪問看護師とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

訪問看護師とは

訪問看護師は各家庭を訪問して、患者さんのケアを行います。訪問先ではケアのみならず患者さんとその家族に保健指導を行うなどもします。主な就業先は訪問看護ステーション・保健所・市町村保健センターなどになります。

仕事内容は
・血圧や体温、脈拍などを測定し、高齢者の状態を観察する。
・身体の清拭。
・床ずれの防止や手当て。
・入浴や排泄の介助。
・医療器具の管理。
・リハビリの指導。
・日常生活のアドバイス、指導。

訪問看護師はこれらの業務を医師の指示を受けて行います。しかし、訪問看護は医師が同行しない場合が多いため、高度な専門知識と経験が求められます。

訪問看護師に求められるもの

訪問看護師は訪問先でただ看護を行うだけでなく、患者さんやその家族とコミュケーションを取り、病状に関する様々な不安を解消したり、気持ちを和ませるなどといったことも求められます。また、患者さんや家族から様々な要望があれば医師にフィードバックをししなければなりません。このようなことから訪問看護師には洞察力や観察力、判断力が求められます。もちろん、深い看護知識と技術も不可欠となります。

訪問看護師の仕事は経験を積んだ看護師でなければできない難しいものですが、積み重ねてきたスキルを活かし、在宅医療を受けている人に役に立てるというやりがいのある仕事です。また、これからの高齢化社会においてますます需要が高まり、活躍の場が増えることも予想されます。
関連資料
TweetsWind
Twitterボタン